バードウォッチング仲間を見つけよう!一緒に野鳥観察できる友達探し

 

趣味友探しにオススメのコミュニティサイトはこちら!

 

 

バードウォッチングにハマった経緯

 

ボクがバードウォッチングにハマりだしたのは2年ほど前のことです。

 

 

もともと航空ショーで飛行機を見たり、海岸から沖合に浮かぶ船舶を望遠鏡で観察するのが趣味でした。

 

 

鳥にはあまり興味はなかったものの、とあるテレビ番組で『大都市などの市街地で見られる野鳥たち』みたいな特集があり、

 

 

「へぇ〜、わざわざ山川に行かなくても野鳥観察できるのか」と、暇つぶしにはいいかもと出かけるようになったのが始まりです。

 

 

ツグミやハクセキレイ、ウグイスなど、割と近場に生息しているのに今まで見向きもしてこなかった生物たち。

 

 

双眼鏡でつぶさに見てみると、魅力的で興味深い生き物だなぁと感じるようになり、ズルズルとバードウォッチングにハマってしまったのです。

 

 

 

カメラよりもフィールドスコープ派

 

柄がキレイだったり、可愛らしい姿態の個体も多いので、野鳥を写真に収めたくなるのが心情です。

 

 

ボクも最初は望遠レンズ付きの一眼レフカメラを持って行ってたのですが、今では装備は双眼鏡のみになっています。

 

 

カメラだと、どうしても「撮影すること」が最優先事項になってしまいがちで、なんだかじっくり観察できなくなっていたからです。

 

 

双眼鏡やフィールドスコープだと、「写真を撮らなきゃ」という束縛もなく、野鳥の発見と観察に集中できます。

 

 

カメラ一式にお金を注ぎ込む必要が無くなったので、そのぶん奮発してキャノンの手振れ防止機能付き双眼鏡を購入しました。

 

 

倍率18倍の【BINOCULARS 18X50IS】というモデルでこれがスグレモノ!

 

 

本当にブレないので、プロのカメラマンが撮ったテレビ映像感覚を楽しむことができます。

 

 

ボクは地元広島県の『国営備北丘陵公園』野鳥観察デッキで、この最新ギアを大活躍させています。

 

 

 

団体行動は苦手、でも仲間が欲しい

 

バードウォッチングは場所や季節が変われば違う種類の鳥が観察できるので、一年中楽しめる趣味です。

 

 

その醍醐味を知ってからは、一緒に楽しめる仲間が欲しいと思うようになりました。

 

 

いっしょに自然公園に行ってみたり、情報交換したりできる友達ですね。

 

 

野鳥の会や地元サークルに参加するのが手っ取り早いのはわかっていたけれど、昔から団体行動が苦手で・・・。

 

 

できるだけスケジュールに縛られない気楽な仲間が欲しかったんです。

 

 

それで登録してみたのが、友達探しが可能なコミュニティサイト

 

 

実はすでに気の合う相手を見つけていて、来月くらいに一緒に遠征に行く予定を組んでいます。

 

 

相手の地元の山口県には、見島(萩市)という有名な渡り鳥中継地があって、そこに行ってみようと話がまとまりました。

 

 

小旅行気分で楽しんできたいと考えています。

 

バードウォッチング仲間を探すのにオススメなコミュニティサイトはこちら!

 

 

 

イチオシの趣味友探しコミュニティ【PCMAX】!

↓  ↓  ↓

 

 

 

 

人気の関連記事はこちら!

 

みんな使ってる!出会えるコミュニティサイト一覧

 

 

PCMAXの評判は?体験者が感じた恋人・友達に出会える可能性

 

 

ワクワクメールは優良?人気の出会いサイトを検証

 

 

「趣味がない悩み」を解決するには?

 

 

 

 

 


トップページ PCMAX ワクワクメール ミントC!Jメール サイトマップ